本文へ移動
地区面積:11,024.5ha 賦課面積:9,801.1ha 組合員:939名

taisetsuLID diary

【diary】2019年度JICA在外補完研修に伴う団員紹介

2020-01-17
本日も大雪土地改良区ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
今回は、「2019年度JICA在外補完研修」に参加する団員を紹介していきたいと思います。まず、在外補完研修とは何か簡潔に説明していきます。毎年、当区では年に2コース、JICA研修生(東南アジア・アフリカ)を受け入れています。目的は日本の灌漑に関するノウハウを研修生に身につけてもらい、帰国後の”農業発展”につなげることです。
今回当区職員が参加する在外補完研修の目的は、『日本から帰国したJICA研修員のアクションプランが実際に実施されているかどうか・当区の職員がアクションプラン実施促進に向けて助言を行う・意見交換を通じてその国々のニーズを確認するなど』があります。日本では見れない景色がたくさんあると思うので、しっかり学んでいきましょう!
 
《団員紹介》
椛澤理事、佐々木総務課長、永山工務係長、片貝主事
※他、JICA北海道(札幌)職員1名が随行します。
《研修期間》
2020年1月12~22日(10日間)
《研修場所》
カンボジア・ラオス
TOPへ戻る