本文へ移動
地区面積:11,024.5ha 賦課面積:9,801.1ha 組合員:939名

taisetsuLID diary

【diary】基盤整備事業における換地とは

2019-07-12
換地委員会の様子(福寿地区)
換地委員会の様子(比布中央第1地区)
本日も大雪土地改良区ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
先週に引き続き基盤整備事業について触れていきたいと思います。みなさん、タイトルに出てきている『換地』とはなにか気になりますよね。『換地』とは基盤整備事業などの農地の改良工事(区画整理・大型化等)を行う場合に、農地の集団化(団地化)を図る一方、従前の土地(工事前の土地)と換地(工事後の土地)とを、法律上同一なものとみなし、その間における土地の権利関係を一挙に確定する法制度のことを言います。それと同時に工事後の農地に合わせて土地の整理も行います。そして、工事後にだれがどの農地を耕作するのかを決定するのに換地委員会という会議が行われます。事業を公平かつ適正に進めるために設けています。
ざっくり説明しましたが、「そんなことやってるんだ~」くらいな感覚でいいので理解していただければ幸いです。なにかわからないことが有れば気軽に改良区までご連絡ください!
TOPへ戻る