本文へ移動
地区面積:11,024.5ha 賦課面積:9,801.1ha 組合員:939名

報告

【お知らせ】1年間を振り返って(新採用職員)

2019-03-08
注目
入社当初の意気込み
藻切りを行い通水状況を良くしている様子
工事関係書類をデータにより取りまとめている様子
用水路管詰まり処理① 施工前(ゴミがつまり通水できていない状況)
用水路管詰まり処理② 施工中(岩山技師が菅の中に入りごみを出そうとしている様子)
用水路管詰まり処理③ 施工後(菅の中がキレイになった様子)
土地改良区PR活動を目的に積極的に行うためにイベントに参加している(札幌市赤れんが庁舎)
『大雪土地改良区  岩山 史弥 技師』からの働いてみた1年間の感想と次年度に向けた意気込み
 
「木端が狭い用水路の管に詰まり、それを解決するために現場に行ったのですが、草交じりの水に流される体験から始まった衝撃的な1年目のスタートでした。私は、工務課に所属し、業務内容としては用水路の管詰まり、幹線水路の水位調整や草刈・浚渫等最も通水期間中現場に多く出る課で働いています。また、現場だけではなく、工事関係の取りまとめなど事務仕事も行っております。目的を考える余裕がなく淡々と仕事をこなす精一杯の毎日でしたが、忙しい時もサポートしてくれる先輩方や、丁寧に仕事を教えてくれる先輩方、時には雰囲気を良く場を和ませてくれる先輩方がいてとても素敵な環境で働くことが出来ています。さらに今年は、旭川市内土地改良区対抗球技大会が開催され、闘志あふれる全力プレーで盛り上がり、仕事のことを忘れるくらい思いっきり楽しむことが出来ました。そんな様々な事が多くある1年間でしたが、来年度は通水についてより一層学び、自分でも判断して行動できるよう「今に全力を」をモットーに頑張りたいと思います!」
TOPへ戻る